MacBook Pro15と一緒に購入したメッセンジャーバッグ

私のMacBook Pro15は、あの忌まわしき3ヶ月前の東日本大震災(正式名称はこれが正しいのか?)の三日前に、Apple Online Storeで注文した代物でして・・・。震災直後は、物資が少なくとりあえず「手に入るものは買っておけ」のような状態になり、いつもとは違う必要なものがたくさんありまして、正直新しいMacとかいってる場合ではなかったのですが、キャンセルするにもネットも電気もない状態でしたので、これも何かのステップアップになればと思い、そのまま購入に踏み切ったのでした。
当時は物流の混乱もあり、東北地方には各運送会社とも配達はしない時期が続き、結局手元に到着したのは3月28日のことでした。このあたりになると、私の住むエリアでは生活もほぼ安定し、普通に出社する毎日。燃料不足が続いて、自家用車の通勤ができなくなってしまったために急きょ購入した自転車で、より安全にPCを運ぶために何かバッグはないものかと、探した結果入手したのがこちら。

Timbuk2 コマンド

このバッグどうなのかといえば

「自転車+メッセンジャーなら定番の」ということ+PC用の対衝撃吸収のポケットがついているらしかったため、決定したのですが、じつは大きな誤算がありました。
PC用のポケットは、メインのポケット内側にではなく、外装の背中に当たる部分に設置されており、メッセンジャー背負いをするととんでもなく痛いだけではなく、MacBook Pro15のサイズでは、角部分がでっぱり、何かに当たったりするとすごく恐怖です。
このメッセンジャーバッグ「TIMBUK2 コマンド [Amazon]
」あまり国内のレビューがなく、メーカーサイトでいろいろと確認したのですが、細かいところはわかりませんでした。正直「あまり持っている人がいない可能性が高いから差別化したい」という理由以外では、おすすめできないかも。見た目はすっごくカッコいいのですが。
通常の「クラシックメッセンジャー」あたりと「PCインナーバッグ」の’組み合わせが最適かなと思います。価格としても「クラシックメッセンジャー」であれば7,000円台からありますし。決定的なのは自転車用という扱いではなく、通常のバッグとして使うことが想定されている感じですね。

そんなにダメなヤツかといえば、そうでもない

とはいえ、収納力は十分だし、雨にも強い。必要なものは全部持って出かけられるので、今のところは買い替えの予定はありません。夜間などに自転車に乗るときに、後方視認性をよくするために「キャッツアイ」のようなランプを取り付けられる部分もありますし、取り外しが可能なインナーポケットも付属しています。利用したいものだけベロクロで装着できるので、結構便利です。

常に持って出掛けるもの

通勤は最近自家用車に戻ったので、重量は気にせず持ち歩いています。少し前に持ち物公開はやってたので便乗。

  • MacBook Pro 15+Magsafe 電源アダプタ「いわゆる本体全部セット」
  • Docomo BF-01B「モバイルルータ」
  • iPad 2
  • iPhone 4 + ガラケー(au W52T)
  • Lumix GF1「デジタル一眼はときどき必要になることがあります」
  • 各種ケーブル
  • 文房具を入れるケース
  • 読みかけの雑誌
  • 財布やフリスク

これだけ入れても、まだまだ余裕があります。仕事用の資料など、ときどき膨大な量を持ち歩く場合がありますので、収納力は問題ないレベルです。個人的には上記のような理由から「ちょっとだけ失敗」だった気もしますが、しばらく使っていく予定です。オプションパーツなどでカスタムして、利便性を上げることができるのもTIMBUK2メッセンジャーの魅力ですしね。

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

*