Dell U2711 27インチモニタとエルゴトロン LX Desk Mount LCD Armで快適な環境を作る

「快適環境を作る」の個別レビュー第1段。今回は「Dell社製 27インチモニター U2711」と「エルゴトロン LX Desk Mount LC」について、まとめます。

自宅作業環境を作ろうとした時に、気にした部分として「だらだらしにくい環境」がありました。そこで狭い部屋ながらも、作業をする場合とリラックスする場合を分けたいと考えました。

また、東日本大震災を仙台市内で経験した自分にとっては、「倒れにくい状態」も考慮したいと思いました。デスク上にタダ置きするよりも、アームで吊るした方が何かと倒れないだろうという予想で設置しました。
※震災当時は会社で仕事中だったのですが、MacBookとモニターがデスク上からすっ飛んでいったのを覚えています。ちなみに自宅にあったブラウン管テレビ(28インチ)はテレビ台から転げ落ち、フローリングに転がってました。

では、本題のレビューを進めてみます。

DELL U2711 27インチ液晶モニタはエルゴトロンLXで保持できる

一つ前の記事でも書いた通り、購入前にネットを探してみましたが、「大丈夫だよ」という記述はあるものの、実際に設置している画像などは見つけることができませんでした。そのため、正直買っていいものか、MXというもう一つ上の重量を保持できるものを選択するべきか、迷いました。結果的にはきちんと保持することができています。

実際にはここまで伸ばすことはないのですが・・・


きちんと保持されています。

マニュアルにあるとおり、アームの固さ調節のネジを締めていくことで、モニタにあった状態にすることができるようです。そもそも初期出荷状態では、相当小さいものでも「クタァ」となってしまうのではないでしょうか。

MBPはクラムシェルモードで疑似デスクトップPCへ

以前から会社での環境はこの状態でした。放熱とか実際は大丈夫なのかな・・・と思うこともありますが、白いMacBook’13を使っているときから愛用しています。27インチで2560×1440という広大なデスクトップは、1枚のデスクトップに複数のアプリケーションウィンドウを置いておけるので、コードを書きながらブラウザチェックをする場合など、複数のアプリケーションを行ったり来たりする作業をする自分にとっては非常に便利です。Misson Controlとうまく併用すれば、作業ごとに環境を切り替えるのがすごく便利になりますね。

とはいえ、最近MBPが調子悪い気がする

とにかく「ずいぶん遅くなった」という印象を持っています。まだ一年も経っていないのに。レインボーカーソルになるケースがかなり多く、一度きちんとクリーンアップしたいところです。

MBPとモニタは別売りケーブルで接続

購入したのはこれです。
楽天 秋葉館:Monoprice DisplayPort Male to Mini DisplayPort Male 約1.8m [DP-MDP-32-MM-06]
Mini DisplayコネクタとDisplayPortコネクタを繋ぐケーブルになります。購入の際にはこちらのエントリを参考にしました。

Macbook に27インチディスプレイと8GBのメモリを増設して太陽系最強の Web 制作者を目指しましょう | ウェブル

通常は Mini DisplayPort で良いと思うかもしれませんが、これでは横 1920px までしか出力できません。そのため公式ではありませんが ATS DIRECT Mini Displayport / Displayport 変換ケーブルを使うことで 2560×1440 で出力することができます。

引用の商品とは異なりますが、問題なく2560×1440で出力できています。

実際リラックスモードでなにするのかといえば

今回の模様替えで、前出の28インチブラウン管テレビを処分したので、地上波は完全に観れなくなりました。レンタルしたDVDや、Youtubeなどが、当面の映像ソースですね。

試しにYoutubeをフルスクリーン再生してみた

ソースはAKB48公式チャンネルから
【PV】GIVE ME FIVE! ダイジェスト映像 / AKB48[公式] – YouTube

HDじゃないものは、さすがに荒れますね。ではHDで公開されているものだとどうでしょう。

ワーナーエンターテイメントジャパン公式チャンネルから
映画『るろうに剣心』【HD】超特報 2012年8月25日公開 – YouTube

こっちは問題ないですね!僕はあまり映像のキレイさや音質などにこだわりがないので、このくらいであれば十分に楽しめそうです。

これで銀河系最強クラスの環境になったかな?

いかがでしたでしょうか。狭い賃貸で作業スペースとリラックススペースを分けるのに、モニタを裏返すことのできるアームは非常に有効だと思います。ちなみに、このモニタとアーム、ケーブルの総額は、約69,000円くらい。U2711は色再現度も悪くないですし、入力もコンポジット、DVI・HDMI・VGAと多数あります。
今回はキャンペーン価格の適用で1万円オフを利用できたので、お買い得でした。キャンペーンはときどきやっているようなので、欲しい方はDellのサイトをチェックですね。

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

*