iPhone / iOS8でWiFiが遅い、繋がらない、切れるなどの不具合がやっと解消した

今のところは・・・と限定的ですが。

iOS8が登場して、8.0.1、8.0.2とバージョンが上がってきたわけですが、みなさんのところでは、無線LAN、いわゆるWiFiの接続が不安定ではないですか?

僕の環境は「iPhone 5s + iOS8.0.2」ですが、ずっとWiFiが時々切断したり、iOS7時代は問題なくつながっていた部屋でも、快適に接続しているとはいえない状態でした。せっかくWiFiで高速にネットに接続できるはずなのに・・・という悩みがひとまず解決したのでご紹介します。

原因はキーチェーンだった?

いろいろな方法を試してみたものの、なかなか解決しませんでしたが、こちらのブログで紹介されていた方法で、現時点では問題解決したように感じます。

iOS8以降のWiFi不安定・激遅不具合、iCloudキーチェーンのオフで改善する模様 : スマホ口コミ評価速報

ようするに、iCloudにあるキーチェーンのデータを書き込み直す、ような感じかと思います。

設定方法

簡単な流れは次の通りです。

1.iPhone の「設定」から「iCloud」を選択

設定>iCloud

2.キーチェーンをタップして「iCloudキーチェーン」をオフに(セキュリティーコードが必要です)

iCloud>keyChain

キーチェーンオフ

3.「設定」に戻り「一般」>「リセット」>「ネットワーク設定をリセット」を実行

ネットワーク設定をリセット

4.リセットが完了したら再度「キーチェーン」>「iCloudキーチェーン」をオンに

キーチェーンを再びオンに

一連の流れのなかで、iCloudへのログインを要求される場合や、パスコードでの認証が必要な場合があります。
パスコードは、SMSで電話番号宛に送信されるので、5桁の数字を入力します。

パスコードの入力

【備考】ネットワーク設定のリセットだけでは解決できなかった

少し前に、ネットワーク設定のリセットのみは実施していたのですが、それでも不具合は解消しませんでした。
今回の手順を実行したところ、iOS7時代のようなスムーズなWiFiが帰ってきたように感じます。

ご紹介したブログの著者さまも言われている通り、仮に解決できなくても、設定自体は特殊な方法ではないので、不具合がでているな・・・と感じる方は試してみる価値はあるかと思います。

皆さんのiPhoneライフが快適でありますように★ (∩´∀`)∩

最近はSIMフリーも気になります。



スポンサードリンク

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

*