全部無料!MacでIEの表示確認ができる「Modern.IE」の導入が手軽になってた|VirtualBox編

post-header-Modern.IE-install

最近は「古いIEはもう知らねー」と密かに思っていた @hrtr149 です。
虚勢を張っても、対応しないといけない案件は、対応せざるを得ないので、久しぶりにまじめなIEチェックを実施しようと、Microsoftが公開している仮想環境「Modern.IE」を改めて導入してみました。

仮想イメージファイルが一つの圧縮ファイルで配布されています。

以前は、分割されたファイルのみだったと思ったのですが、「Download Zip Archive (single-file)」という項目があり、ひと塊のZipファイルでご提供されているようです。

これで、ターミナルを使って伸張しなくても大丈夫。導入のハードルが少しだけ下がりました。

VirturelBox に導入してみる:IE9 on Win7 編

modernIE

modarn.IE 仮想化ツール

  1. Select Virturel Machine で「IE9 on Win7」を選択
  2. Select Platformで「VirturelBox(Mac 用)」を選択
  3. Download your Virtual Machine で「Download Zip Archive (single-file)」をダウンロード

以前のように分割された圧縮ファイルでも配布されています。「IE9 on Win7」の場合は4つ。

ひとつにまとまっているZipファイルは「3.73GB」あるので、要注意。時間に余裕がある時に行う方がいいかもしれません。

ダウンロードが完了後、解凍すると .ova ファイルができあがる

解凍にも結構な時間を要します。無事に解凍が終わると、「IE9.Win7」というフォルダの中に、「IE9 – Win7.ova」というファイルができあがります。

ovaファイル

MacにVirturelBoxがインストールされている環境であれば、この「.ovaファイル」をダブルクリックするのみで、仮想環境の構築が始まります。
※お好みで、仮想OSの細かい設定を行ってください。

VirturelBoxのダウンロード
Downloads – Oracle VM VirtualBox

アプライアンス(仮想環境)のインポート

インポートします

「アプライアンスの設定」パネルが表示されるので、インポート。とりあえず初期設定のまま、インポートしてみました。
こちらもいい感じに時間を要するので、ご注意を。うちの環境では、「残り時間:1時間7分」からスタートです。
※多分そこまではかからないと思われます。

install_now

インポートが完了すると、仮想マシン一覧に「IE9 – Win7」が表示されます。

finish

「起動」を押して早速スタートしてみましょう。

windows_start

普通にWindows7が起動します。デスクトップが表示され、起動完了。

desktop

Modern.IEの説明が書かれた壁紙になっていますね。

早速IE9を起動します。

ie_on_modernie

タスクバーにあるIEのアイコンをクリックすれば、IE9が立ち上がり、Modern.IEのページが表示されます。
あとは、確認したいページのURLをアドレスバーに入力すれば、確認作業がはじめられます。

yahoo

とりあえず、ヤフージャパントップを表示してみました。

導入がスッキリしてわかりやすくなったので、ちゃんとIEでの表示も確認しましょう。

はじめは、「Microsoft Remote Desktop」を使って、Modern.IEを利用していたのですが、今回、Basic認証を伴うサイトの確認があったため、うまく動いてくれませんでした。

VirtualBox上に仮想環境を構築した今回のModern.IEでは、Basic認証もきちんとテストできました。

Macユーザー永遠のテーマになっていそうなIEでの閲覧確認ですが、ちょっとだけ手軽になってよかったです。
すべての不具合が生まれる前に消え去りますように!

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

*